メガドライブの軌跡っていく記事。の4

この頃、ゲーマー的にはかなり充実していた時期で、そらまぁ今からだとまだ黎明期と見られても仕方がないくらいではあるけれど。

ランドストーカー、今でも一番好きなゲームの一つで、メガドライブミニに収録されたときは嬉しかったし、一番最初に起動したよね。続編の話もあったと思うけど、実現しなくて残念だなぁ。これもまた過渡期の技術で、今同じようなものを作ろうとしてもこうはならない。ドット絵で描かれた擬似3D表現、本当に大好きだった。思えばずっと3Dへの憧れが強かったのだろうな、ボク。今は微塵もなさそうけど……。

LUNAR、これも最初はローンチに予定されていて、ずるずると延期が繰り返されてついには六月になってしまったのだけど、「みんなLUNAR待ちでメガCDを用意していたのにどうすんのかい」なんて思ったものだった。これ、遊んだことある人が少なくて、後々の移植作とかの評判もあって神格化されているけれど、ストーリー、音楽、ムービーはともかく、ゲームとしては凡作で、何だったら一部は開発途中で放棄してしまったようなデキだよ。メガドライブミニ2で初めて遊ぶ人がいると思うけれど、過度な期待はしないでよろしくお願い。

メガドライブとは関係ないけれど、バーチャレーシングの登場も衝撃で、「ついに、ついに本当に、本当の3D空間が!」みたいに興奮したのを今も覚えているよ。記事中にもあるとおり、それまでにもポリゴンを用いたゲームはあったのだけど、フレーム数、ポリゴン数ともにちょっと少なすぎてしんどかったのよね。30fpsもちょっと物足りないといえばそうだけど、十分に滑らかと感じるレベルであったし、何より背景とかオブジェクトの作り込みに震えたよ。

メガドライブ2、当時某お友だちに大プッシュして買わせたっけなぁ。しばらくしたら売ってたけど🤣 ゲーム貸したのに、たくさんたくさん貸したのに。

ガンスターヒーローズの衝撃も凄まじかったですね。開発したトレジャーは、ゲームアーツと並んで今も好きなメーカーだなぁ。もうちょっと難易度落としたモードも用意してくれると嬉しかったけど🙄

さて、ついに次世代のお話も出たから、次回あたりでこのシリーズも終わりかな。この辺の想い出は、それはそれはたくさんあるのでちょっと淋しい。でも、次世代であるところのサターンの頃も目一杯想い出に溢れているからなー。

楽天ブックス
¥10,978 (2022/10/02 10:01時点 | 楽天市場調べ)
¥7,000 (2022/10/02 10:01時点 | Amazon調べ)

かいているひと

しもだ たくろう a.k.a. たくぅ

1996年くらいからこんなことをやっているのでなかなかおじさんです。一応今もWeb系の仕事はやっているぽい。実がないので口の方で煙に巻きます。「ぺちぱな。」ん。くず界のくず。 SW-2066-7468-5602✨