ボクが大好きな呑み屋さんの話をしよう。

さて、私のtwitter等を捕捉していただいているならばご存知かと思いますが、私はお酒が大好きで、かつ呑み屋さんが大好きです。お酒が呑めるところなら大体好きですが、昔ながらというか、立飲み屋さんだったり赤ちょうちん的な居酒屋さんが好きです。よく行くお店って言うのはあまり数がないのですけど、その中でも大好きでたまらなくて足繁く通っているお店、それが「誠」さんです。今日はそのお店についてお話ししようと思います!

お料理が素晴らしい

誠さんの魅力、まず第一にお料理の数々が大変に素晴らしい。美味しい。ボリュームもたっぷり。

ご友人方とも評判が大変におよろしい料理の一つ、それが鳥唐揚げ。とりあえずこれが食べたいから呑み会に参加する人も多数。順番に人が集まってくる感じの会だと、誰かが来るたびに一皿ずつ注文が入るなんてこともしばしば。

そして私が大好きでお邪魔する度にお願いしているブリカマ焼き。これも最高。あまりにお願いするので、品切れの際にはお店に入って即、おっしゃっていただけるようになりました。

そして鶏レバニラ、この日はあいにくのニラがなくてもやしになってしまっていますが、そんなの関係ない、どんとこい、どうなったって美味しい。

さらにだし巻き、これもまた隠れた逸品。玉子っていいですよね、なんだか元気になる気がします、なんだか力が湧いてくる気がします。

他にもオススメのお料理はたくさんあります。ししゃもだってメザシだって、冷や奴だって美味しい。今の季節だと食べられないけれど、鶏の団子鍋とかもそれはもう絶品。ああ、焼ちゃんぽんとかも忘れてはいけない、あとチキンカツとかシイタケフライとかタマネギフライとか。もうもうあり過ぎる、列挙に遑がない。

お酒もシブい

和的なお店ですので洋酒の類はほとんどなくて、ビールと焼酎、そして日本酒がメインなのですけど、そのチョイスもなかなかにシブい。焼酎はもちろん芋と麦、両方ありますし、長崎の酒蔵の焼酎のおいてあります。日本酒もいくつかあって、上の写真にはありませんけれど、酔鯨という高知のお酒も置いてあって、ここでそれをいただいてから大好きになってます。や、写真にある立山だって美味しいし、朝日山だって断然美味しいですよ。呑みたい、書いてて吞みたくなってきてる。

お値段がエグい

そんなお料理もお酒も素晴らしてパラダイスかと思えるお店ですけれど、さらに幸せになれるのがそのお値段。どこもこれも大変にお安い。今回ご紹介したお料理、唐揚げは550円、ブリカマが400円、レバニラが450円、だし巻きが500円。焼酎のボトルキープ、一升瓶なのに2850円、日本酒は4合瓶のものは2000円、一升瓶のでも4500円程度です。

はー、なんなん、意味わからん、意味わからんわ。あまりにお安いので積極的にお金を使っていくスタイルだし、何だったらお値段上げましょうよ交渉をしてるくらい。本当、上げていいですよ、上げましょうよ、やっていけるんすか、もうちょっと儲けましょうよ、儲けたっていいと思いますよ。

大将のお人柄も良い

そしてお店を切り盛りしている大将、そのお人柄も素晴らしい。大らかで、人が良くて、笑い顔も笑い声もとても素敵です。そこそこご年配で私の親世代ということもあって、私は大将ではなくて「おとうさん」と呼ばせてもらっているほど。ある意味、こんなに通っているのは「おとうさん」と話がしたいから、「おとうさん」の様子を見に行っているのかも。

最近お休みがちだったり、身体がキツそうにしてらっしゃる時もあるのだけど、いつまでもお元気でお店をやっていただきたい。何だったらボクが死ぬまでお店を開けていただきたい。でも、無理なくね。

毎日だって行きたい

まぁ、いろんな事情でそれは許されません。でも、そのくらいの気持ちです。ぜひみんな行ってみてほしい、ぜひみんなを連れて行きたい、うん、一緒に行きたい。みんな吞み誘ってな、誘ってよね。

この記事を書いた人

しもだ たくろう a.k.a. たくぅ

1996年くらいからこんなことをやっているのでそこそこおじさんです。一応今もWeb系の仕事はやっているぽい。実がないので口の方で煙に巻きます。「ぺちぱな。」ん。 SW-2066-7468-5602🤔