Homebrew 3.0でApple Silicon Ready。

はじめに

久しぶりに大きくバージョンが上がりまして、Apple Siliconへ正式対応したそうでございます。おめでたいですね、これでいつApple SiliconなMacを購入しても大丈夫! 予定はない!

変更点等は上記ページにて確認いたしましたよ。いつもありがとうございます。と勝手に。

とはいえまだ道のりは途中

そうそう、正式にリリースされたとはいえ未だ全てのパッケージが用意されてもいないでしょうし、しばらくは工夫が必要かもしれませんね。上記の記事が大変に役に立ちそうです。M1 Macを持っていないので試していないですけども。

M1X ?

で、ボクも狙わないでもない期待の次期Pro系MacBookへ採用されると噂のM1X(仮称)、とされるベンチマークも登場していますね。

順当にコアを増やして電力食わせてパフォーマンスを上げる感じで、CPU、GPU共に二倍(CPUもBigコアだけを二倍してますから実質二倍)の性能。CPU的には問題なさそうだけど、GPU的には現行の16インチを置き換えられるのかなーて感じ、外付けマジックとかあるのかなぁ。発表を楽しみに待ちましょう!

ちなみに

アイキャッチ画像は、「brewで検索したらそらそういうのばっかりでるわな」です……。酒クズめ。

かいているひと

しもだ たくろう a.k.a. たくぅ

1996年くらいからこんなことをやっているのでそこそこおじさんです。一応今もWeb系の仕事はやっているぽい。実がないので口の方で煙に巻きます。「ぺちぱな。」ん。くず界のくず。 SW-2066-7468-5602🤔