x86さんが40周年という記事。

そんなに経つのですね。私、年齢こそ上ではありますが、コンピューターを使い始めたのは90年代後半でありますから、当時のことを知る由はありません。でも、こういうお話、大好きなのですよねぇ。本とかネットとかで調べたり、私なんかよりもっと前からコンピューター的なものに触れていた方々には、おねだりしてこの手の話をしていただいたりとか。あ、昔話が好きなのはコンピューターに限ったことではなかった。

そんな私ですけれど、無駄にコンピューター歴も重ねてしまいましてもう20年以上が経ちました。そうするとそこそこお話しできることも出てきましたね。今でこそこのx86さん、PCやServerでほぼ独占している感じですが、2000年くらいだとServer用途には別のCPUが使われるのが一般的でしたし、そうそうMacだってIntel製のCPUではありませんでした。ああ、MacがPowerPCからx86へ移行したことも、もうこんな風に話せるくらい時間が経ってしまっている。ちなみにアイキャッチ画像の右側がPowerPC G5を積んだPowerMac G5で、左がXeonを積んだMac Proです。見た目ほぼ一緒ですけども。

思えば世界最初のCPUと呼ばれる4004を開発したIntelさんが、今もなお一線で業界をリードしているというのは凄いですね。少しペースが落ちてきている感じはありますが、変化のスピードがエグい業界なのに。まぁ、モバイル向けのARM、GPU界隈のNVIDIAにはやられっぱなしの印象がありますけども。x86が好きなわけでも思い入れがあるわけでもないので、それはどうでもいいですが、Intelさんにはこれからも発展に寄与していただいて、私たちをもっと豊かに、楽しませていただけるといいなぁと思いますよ。

この記事を書いた人

しもだ たくろう a.k.a. たくぅ

1996年くらいからこんなことをやっているのでそこそこおじさんです。一応今もWeb系の仕事はやっているぽい。実がないので口の方で煙に巻きます。「ぺちぱな。」ん。 SW-2066-7468-5602🤔